五人揃って……!

 北海道市部長から、釧路町木場で活躍する現場五人衆の写真が送られてきたので、集会所ではなくこちらの方で紹介したい。撮影は2018年9月27日である。交差点設置工事の現場事務所(不二建設株式会社)付近の写真である。  スーパー戦隊シリーズであれば原則として赤がリーダーであり、確かにこの五人の中でも赤が真ん中にいるのだが、この中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指差し声出し安全確認「ヨシ!」

 日中はまだ暖かい日々が続いているが、朝夕は急速に冷え込むようになってきた。  日の落ちる時刻がどんどん早まっているのも、この頃は実にはっきり分かるようになってきて、そろそろ外付けのライトを自転車に付けて走らねば、と思いつつある。(電動アシスト自転車の電気系統、恐らく充電池の不具合頻発で、すぐ「落ちる」ようになってきたので、充電池から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両腕を水平に持ち上げて揺らし続ける人

 9月上旬に、哲granite氏から、愛媛県松山市中島で発見された、ベンケイ型の人の写真を戴いたので紹介したい。哲granite氏の感想は「まるでサッカーのゴールキーパーのような、躍動感のある手が印象的」との事であった。 「たぶさ鉄工」の資材置場で立入禁止のベンケイスタイルを取る、常駐タイプの人である。あまりに長くこの場に居過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きっと、なれるさ。

 相変わらず、毎日毎日異常な暑さが続いている。先月下旬は特に、あまりに異常であり、歩行者や自転車に乗っている人々(=車両内でエアコンの恩恵を受けられない人々)の中には、ちょっと頭をやられたのか異様に殺気立っている人もいた。(交差点で停止位置から多少はみ出し気味の車に激しく罵声を浴びせる、自転車に乗った男とか……実に不毛な光景であった) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑に対処(約80100件)

 タイトルのような駄洒落やそれに類する表現がどれだけネット上にあるか検索してみたら、8万あまりあった(7/23の21時時点)。  それはともかく、日本列島は現在、これまでにないような連日の猛暑が続いている。本日は熊谷で41.1度を記録したとの事で、京都でも毎日毎日、猛暑日続きである。北海道はまだまし……というか、逆に涼しくて上着を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明けプラス2

 あの大雨による西日本の大災害発生直後、7月9日(月)に近畿地方が梅雨明けしたとの事である。  以下の写真は、先日の3日間の定点定時観測と同様の条件で、9日に撮影した賀茂川の様子である。  河川水の色から、土砂の混入率がかなり低下している事が分かる。  小さめの写真なのでやや分かりにくいが、中州に生えていた雑草の多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雨による河川増水を24時間毎に見る

 7月5日(木)から7日(土)にかけて、西日本では「数十年に一度の大雨」が降り続き、各地に甚大な被害が発生する事態となった。  京都市内でも各所で雨による影響が出ており、6日(金)は小中学校が休校、JRも運休するなど、大きな影響が出ていた。  以下に示す写真は、賀茂川(鴨川)にかかる御薗橋(京都市北区、上賀茂神社に最も近い橋)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メンテナンス系のあるべき姿勢

 エレベーターやエスカレーターの保守点検の場にも、オジギビトがしばしば登場する事は、集会所の方でも既に幾つかの事例が紹介されている(東芝や日立、東急の人々)。それらメンテナンス系の人々は、現場の人々と同様な、伝統的直立不動姿勢を取っているわけだが、このメンテナンス系の人々にもやはりパーツ型の人が存在していた。  それが2018年5月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地底からの警告

 本年は特に2月以降いろいろあり、本集会所本部長室の方も本体同様に、やや長期に渡り放置状態であった。  今回は、1月末に哲granit氏から戴いていた、実に貴重な写真を紹介したい。  岐阜県の瑞浪超深地層研究所(JAEATGC)の、地下500mで活躍するオジギビトである。この人はオジギ衆の中ではお馴染みの顔であるが、こんな特殊な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び号外~号外~!!!!

 速報と言うには既に1ヶ月ほど経ってしまっているが、たいへんおめでたい話なのでこの場でささやかながらさらに広めておきたい。  以前、四国支部長からさらにスゴい発表があるかもしれないと予告したが、それがとうとう正式発表となった。 「理論予測されていたカンラン石組成の新物質を隕石から発見」(JAMSTEC)  何と「新物質」、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禍!猫の集会

 ここのところ、大変寒い日が続いている。つい最近までは日中、太陽が出ると少しばかり暖かさを感じていたものだが、最近はとにかく寒い、と感じるようになった。本格的な冬の到来を実感させられる。  こういう寒い季節になってくると、別段温泉好きというわけでもないのだが、別府あたりに逃亡して温泉につかるのも良いかもしれない、などとふと思う。別府へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内輪型のいろいろ

 工事現場で作業している方々に向けて様々な警告、注意喚起などを行っているオジギ一族、「内輪型」の人々には実に様々な人々が存在している。またその活動形態も様々である。ここでは集会所本体ではフォーマットの問題等でなかなか紹介しにくい人々の例を、紹介してみたい。  下の例は、「入れ子」サブタイプとでも言うべき例である。(北海道札幌市、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きれいかおりさんに逢いたい

 2015年8月に、集会所四国支部長が知床のオシンコシンの滝近傍で出会った、ベンケイスタイルの人(下の写真左)が、2017年10月、釧路市桜田でも活動している事が確認された(下の写真右)。北海道支部からの報告である(撮影者は義兄)。  オシンコシンの例は既に集会所のベンケイ型の部屋で紹介しているのだが、その時点では女の子の確率は高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号外~号外~!!

 速報である。集会所四国支部長の大労作である、隕石中に存在する高圧鉱物に関する総説論文が、とうとう正式リリースとなった。大変めでたいことである。 Tomioka, N. and Miyahara, M. (2017) High-pressure minerals in shocked meteorites. Meteoritics…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池のひみつ

 先日、本集会所本部長室で出したラグナ湖の写真と、似たような感じの写真を大型連休に撮影していたので、特に意味は無いがせっかくなので出しておきたい。  京都市内、北区と左京区の境界にある、「深泥池」(みどろがいけ)である(深泥池は北区側)。ご存じの方も結構多いと思うが、この深泥池、ある怪談で全国的にわりと有名なようである。検索すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地味だがちょっと大きめの楔を打ち込む

 大型連休も既に終わり、初夏のような暑さが続いている。黄砂も多少来ていたようで、景色が明らかに黄色っぽい日もあったが、適当なタイミングで雨が降ったりするので、わりと抑えられている印象である。  その大型連休後半に、投稿していたフィリピン関連論文一本のproof(ゲラ)が届き、結局連休はこれに絡んだ作業とか連絡とかであまり落ち着く暇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コッチヲ見ロォ……!

 既に桜の花も殆どが散り、ますます暖かくなってきた京都市北区某所を歩いていたら、ある建物の壁に何か白っぽい張り紙が貼ってあるのに気づき、近寄ってみたらこんな危険なものであった。  オーラを纏った猫らしきモノが、バットを持って「無断駐車禁止」を訴えている。無断駐車をしたら、多少手荒い対応もしてしまうかもしれないのでそのつもりで……と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラサク

 先週末に満開となったらしい京都市内の桜は、徐々に散りつつあるものの、鴨川沿いは今現在もなかなか見事に咲き誇っている。北区、上賀茂神社の近所では、川沿いの道路があたかも桜のトンネルのようになっている所もある。  しかし桜が満開になる時期というのはなぜか、強い雨風の日があるような気がする。  さて新年度開始後既に二週間が経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草食の群れ

 ようやく、というか急に、京都周辺も暖かくなってきた。桜は7日(金)に満開という予想であるが、どうやら雨が降ったりやんだりの天気のようである。  昨日夕方に左京区某所をぶらりと歩いていたら、複数の鹿が住宅建設予定地のすぐ傍らで草など食べていた。  写真によると、全部で八頭いたようである。「何だお前は」という感じでじっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抵抗は無意味だ。

 新年度最初の記事として、フェンスを同化しようとする樹木を。  集会所本体の更新準備をしている最中に発見した写真である。  今現在も、この樹木はフェンスを同化中である。枝葉を全て切り払われているにも関わらず、大変しぶといというか……しかし植物とはそういうものか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more